しばらくお待ちください

仕込み味噌

プロが仕込んでお客様が育てる「我が家の天然醸造の味噌」です。
Home / 仕込み味噌
仕込み味噌
仕込み味噌
仕込み味噌
味噌玉
国産丸米
手作り米麹

仕込み味噌


仕込み味噌は味噌作りのプロが仕込んでお客様が育てる「我が家の天然醸造の味噌」です。

味噌は材料が全く同じでも気候・風土・熟成期間といった環境によって風味が異なります。ですからたった一つの「我が家の味」が完成します。

大豆、麹等の配合割合もお客様のご希望どおりにいたします。材料をお持ちのお客様には加工料のみで承ります。

配合割合も材料もお客様次第でなぜプロが仕込むのか?

味噌の仕上がりで一番大事な「大豆の炊き具合」をプロに任せていただきたいからです。あとは熟成前の味噌をお客様のご自宅で完成させるだけです。たった一つの美味しい味が出来上がります。

仕込み味噌には「普通仕込み」「味噌玉入り仕込み」の2種類ございます。「味噌玉入り仕込み」は「普通仕込み」よりも風味が豊かになります。

市販のお味噌には満足出来ない方は是非お試しください。

風味

お客様のご希望通りの風味になります。

価格

[普通仕込み]
購入量 金額(税込)
20kg 7,528円
[味噌玉入り仕込み]
購入量 金額(税込)
20kg 7,852円

材料をお持ちのお客様は加工料のみで承ります。価格は加工量によりますのでご相談ください。

送料・箱代が別途必要になります。

1.届いた仕込み味噌をポリエステルの樽(ポリタル)などに移し、ラップなどで表面を空気から遮断します。

2.味噌の重さの10~20%の重さのおもしを載せます。夏に表面がたまり(味噌の発酵・熟成により味噌から出る液体)で覆われる程度です。あまり重過ぎてはいけません。

3.夏が過ぎるまでは室温で発酵品温が30度位になるようにします。日光の当らない風通しが良い所が理想的です。

4.秋から初冬以降に食べられます。食べ頃は人それぞれです。自分の味を見つけてください。お勧めの食べ頃は1年間の発酵・熟成を経て、その後の1年間で食べきってください。

項目 内容
原材料 大豆(中国産)、丸米(国産)、塩(国産)
塩度 12%
水分 48%
配合割合 蒸大豆10、米麹14
熟成後の保存方法 15℃以下で保存
※空気に触れたままにしないでください
仕込みの重しは必要ですか?
発酵時 表面にたまりが染み出るくらいが適量です。仕込量の10~20%が目安です。染み出たたまりで空気を遮断します。出来上がり時の可食部が増えまた発酵を均一化します。
仕込み味噌の熟成の目安は?
お好みです。最短夏を越せばたべられます。30℃位になるところに置いて下さい。おすすめは一年間の熟成の後一年間で食べきることです。玉造り味噌は最短一年間の熟成をお勧めします。
自分で味噌を仕込みたいのですが材料だけの販売はしていますか?
麹は店舗販売、発送ともに対応いたします。蒸大豆ミンチ、店舗お渡しのみ可。蒸大豆でのお渡し不可です。(納豆菌汚染の危険大)
玉造り味噌と普通の味噌との違いは何ですか?
"玉造り味噌"は煮た大豆をつぶして味噌玉を造り熟成させた後、さらに麹・塩と混ぜて仕込みます。味噌玉が入ることで普通仕込みの味噌よりも風味が濃厚になります。
私が指定した米や大豆を使って仕込み味噌を作ってもらえますか?
大豆のみ可能です。米は麹造りの際何度も切り返し等ありますので不可です。
家庭での味噌の上手な保存方法はありますか?お味噌の取り扱い上の注意はありますか?
味噌は基本的になま物です。空気にふれないようにして(ポリエチレン袋などでは輪ゴム、クリップを使用 タッパーなどではラップを使用)日光の当たらない涼しい所においてください。冷蔵庫が理想ですが長期保存には冷凍も可です。
白いカビのようなものが付いていますが大丈夫ですか?
空気に晒されたままだと 味噌の中の麹菌や酵母が繁殖します。無害ですがおいしくはありません。カビた部分は取り除いてください。味噌の中に含まれている白い物質は 結晶化したアミノ酸やカルシュウムが析出したものです。そのままお召し上がり下さい。

ご意見・ご感想などお客様の声をお寄せ下さい。

全て必須項目です。